2018年8月3日金曜日

マイニングマシーンが盗難される事件・盗まれるのは仮想通貨だけじゃなかった

*以下記載日以後、支払いがストップしています。お気をつけください!!!*

こんにちは
もう8月、こちらは5月のニュースなのですが、
コインテレグラフの記事で、アイスランドでマイニングマシーンが盗まれる事件があったことをいまさらながらに知りましたので、シェアさせていただきます。
原文はこちら

この記事を書いている方は

「マイニングは大きなリスクを伴い、小規模なマイニングでも、ハードウェアや冷却システム、電力消費などでコストがかさむ恐れがある。とはいえ、ASICマイナーのような高性能のハードウェアを購入できる潤沢な資金を持つ者は、有利な立場に立てる。

 しかしそれは同時に、彼らが犯罪者の標的になるということでもある。悪党らがシステムをハッキングして大切な仮想通貨を盗んだり、ハードウェアそのものを持ち去ったりと、危険が潜んでいることは事実だ。」

と記載した上で、

 「今月、ハードウェア盗難の事件がメディアの見出しを飾った。ビットコインのマイニングに使われる600台以上のコンピューター、総額約200万ドル相当が中国で押収されたのだ。

 中国で押収されたマイニング機器は、昨年末にアイスランドで発生した一連の盗難事件と関連している。アイスランドでは12月から1月にかけて3件の異なる事件が発生。あわせて600台のコンピューターが複数の容疑者により盗まれていた。」

というものです。

ハッキング以外にも、こういうアナログな盗難もあるのだなと思った次第。。。。
改めてマイニングプールに投資するリスクの高さを感じました。

こんな中での安心材料は・・・
ワールドマイニングのマイニングマシーンはたしか上記のASICマイナーです。

マイニング装置が置かれているファームは、アイスランドではなく、アイルランドです。

という二つかな。

さて、私は改めて、ワールドマイニングからの引き出しを試みましたが、以前、動きがありません。

14営業日はとうに過ぎ、1ヶ月になろうとしています。

テレグラムでは物議をかもしています。早い解決を望みますね。。。


2018年7月23日月曜日

クラウドマイニング会社として知られるハッシュフレアが、マイニングを停止中

クラウドマイニング会社として知られるハッシュフレアが、
市場の仮想通貨の価格が低迷する中で、利益をあげるのが難しいことから、
支払い高がメンテナンス額を下回り
マイニングサービスを保留と発表したそうです


ニュースはこちらに日本語で記載されてあります>>コインテレグラフ

ハッシュフレアはマイニング会社として2013年にスタート
人気度としてはジェネシスの次にランキングされていた会社です
(ワールドマイニングは4位)



ワールドマイニングの「サマーホリデー」の根本的理由がこの「おひま」でなければよいのにと思います。

次は明るいお知らせが出来たらと願っています

*以下記載日以後、支払いがストップしています。お気をつけください!!!*